ロボットリハビリテーション

楽しく、モチベーションを保って訓練ができる新しい治療法として、現在当院ではロボットを用いたリハビリの効果を検証中です。

上肢ロボットリハビリ

軽度から中等度の上肢麻痺に対して、ロボットを用いて訓練を行う上肢ロボットリハビリにも取り組んでいます。

片麻痺の上肢は、装具での機能代償が困難でADLの向上が難しいとされています。比較的軽度の上肢麻痺に対するリハビリの一つがCI療法ですが、 軽度から中等度の上肢麻痺に対して、ロボットを用いた訓練機器が開発されています。密度の濃い機能的訓練を繰り返すことによって、 片麻痺は大きく回復する可能性が臨床研究で示唆されています。

上肢訓練ロボット(ReoGo-J)ReoGo-J

ReoGo-Jは、コンピューター技術とロボット工学を応用した上肢用ロボット型運動訓練装置で、患者様の機能障害の程度に合わせて適切な可動域で安全に訓練が行えます。自主訓練にも使用でき、必要な訓練量を確保できます。

効果としては、特に肩、肘の動きを改善するという報告がされています。また、療法士による訓練とReoGo-Jを用いた訓練を併用すると、より効果を得やすくなるという報告もあります。当院では脳血管疾患の患者様を対象に様々な効果を検証しております。

機能的到達運動(上肢リーチ動作)を繰り返し、楽しく、モチベーションを保って訓練ができます。 患者様の運動能力への理解を深めながら、リハビリの臨床的効率性を改善する可能性がある訓練法です。

下肢ロボットリハビリ

下肢訓練ロボット(ウェルウォークWW-1000)welwalk

ウェルウォークWW-1000は、歩く速度に合わせて動く“トレッドミル”や足の位置を確認できる“大型モニター”、麻痺した脚に装着して膝の屈伸を補助する“ロボット脚”などから構成されています。

一般的に理学療法士が行う歩行トレーニングは、転倒に注意しながら患者さまの側方や後方で体や手足を支え、脚が自分で振り出せない人にはその介助を同時に行います。しかし、転倒を防ぐあまり、時に過介助になることもあり、結果として患者さまの自立を妨げる要因の一つでもありました。

このウェルウォークWW-1000は、専用のハーネスを装着し、軽く吊り上げた状態で歩行訓練を行うため倒れる心配がありません。さらに、装着したロボット脚は、体重を掛けると脚を支え、振り出す際にはアシストしてくれます。そのアシスト量も患者さまの状態によって「うまく補助(介助)する」ように設定を変更でき、従来の歩行トレーニングのような「補助(介助)しすぎる」事はありません。つまり、安全を確保した上で、使用する方の状態に合わせた歩行トレーニングを積極的に行えることが可能です。 ウェルウォークWW-1000には、運動学習理論に基づいたフィードバック支援機能も備わっており、大型モニターを通して足の着く位置や体の姿勢に対するフィードバックを行えます。また、音声によって麻痺した脚への荷重を促す機能なども備わっており、視覚と聴覚からのフィードバックが同時に行えます。

「自分で歩く」という意識をより一層サポートしてくれるリハビリテーション機器となっています。

関西リハビリテーション病院

〒560-0054 大阪府豊中市桜の町3-11-1   06-6857-7756(代表)