リハビリテーション地域支援センターについて

在宅での維持期リハビリテーションをできる限り支援していくため。当院ではさまざまな取り組みを行っています。

介護予防教室の開催

平成19年度に大阪府のモデル事業として、豊能圏域で能勢町の介護予防事業を行いましたが、平成20年度は府の事業から離れ、当院と能勢町で協働して一般高齢者向けの介護予防事業を行いました。いずれの介護予防事業でも前後で有意な効果があることが証明されましたので、引き続き事業を継続するとともに、豊中市内でもこのような介護予防教室を開催するよう計画しています。

大阪府豊能圏域地域リハビリテーション地域支援センター

私たちの豊能地域では、「たとえ障害があってもいきいき楽しく暮らせるまちを、みんなでつくること」を定義に活動しています。  大阪府地域リハビリテーション推進事業は、国の地域リハビリテーション事業をうけて平成12年7月よりスタートしました。 地域におけるリハビリテーションの充実と急性期から維持期、また保健・医療・福祉のサービスを切れ目なく効果的に提供するリハビリテーションシステムの構築を目的とし、2次医療圏ごとに「地域支援センター」を指定し保健所と連携して事業を展開しています。

豊能圏域では、池田市、吹田市、豊中市、箕面市、豊能町、能勢町の4市2町で関西リハビリテーション病院が平成18年4月より、大阪府より支援センターに指定され、各市の保健所、圏域内の病院、地域の医療・介護事業所と協働し活動しています。

大阪府豊能圏域地域リハビリテーション地域支援センターHP

「自主訓練プログラム検索支援ソフト」の開発

リハビリテーションの資源が十分でない地域でも、最小限のサポートによって機能維持を継続するための取り組みとして、当院が勧めている自主訓練プログラムの中から、各個人の機能や能力に応じた適切で安全な体操を自動選択し、解説つきで利用者に提示できるようなソフトです。大変に意義のあるご自宅での自主訓練を、正しい方向に向かうようにサポートさせていただきます。平成20年度には大阪府のモデル事業として、豊中市内の介護事業者さんにもこのソフトを配布し、介護の現場でも使っていただくようにいたしました。

関西リハビリテーション病院

〒560-0054 大阪府豊中市桜の町3-11-1   06-6857-7756(代表)